石川県薬剤師会の紹介 検査センターのご案内

検査センターは、石川県薬剤師会営の試験検査施設として、医薬品試験をはじめ、ISO9001を取得し、環境に係わる水質検査等を実施しており石川県下における公衆衛生の確保と地域の方々の健康かつ快適な環境づくりに貢献しています。

医薬品検査

医薬品医療機器等法登録機関です。

  • 石川県内の薬局・薬店の医薬品の品質管理事業として溶出試験、風邪薬の定量試験等
  • ジェネリック医薬品の溶出試験
  • 薬局製剤の検査

検査項目についてはお問い合わせください。

学校保健安全法に基づく学校の飲料水・プール水検査

石川県内の学校薬剤師の連携のもと実施しております。
定期的な水質検査以外の、プールに藻が生えたなどの問題の対応も行っていますので
ご相談ください。

建築物飲料水検査

建築物衛生法登録機関です。
建築物の飲料水、雑用水の検査を行っています。

プール水・浴槽水検査

遊泳用プール衛生基準に基づくプール水検査、公衆浴場における水質基準にもとづく浴槽水の検査を行っています。
レジオネラ属菌の検査を行っています。

環境計量証明事業(濃度)

水質汚濁防止法に基づく工場排水、放流水、地下水、工業用水、農業用水の分析のほか、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく産業廃棄物の溶出試験、廃液、汚泥等の分析など。

  • 地下水、河川の環境基準対応の検査
  • 水質汚濁防止法対応の検査
  • 廃棄物の処理清掃法対応の検査

検査項目についてはお問い合わせください。

その他の検査分析(問題解決型検査)

こんな検査もしています。

当検査センターでは、「薬剤師は まちの化学者」の考えから、法令に基づく各種水質基準、排水基準、環境基準に対応した“公定法”検査では追従しきれない各種問題、トラブルの解決に、お客様のお役に立ちたいと考えています。

 

例えば飲料水や排水では

  • 水源や排水に油膜が浮いている。
    パターン分析という方法で水質検査をおこなうと、油の成分が 灯油、A重油、スピンドル油といった種類が分かり、排出源をつきとめることができます。
  • 蛇口から変なものが出てきたけど何でしょうか?
    FTIRと蛍光X線(EDX)を使った異物分析システムで、パッキンのかけら、砂、動物の毛、炭酸塩スケール、砲金片といった水道異物の同定ができます。

例えば排水処理では

  • 排水処理槽の放流水を検査機関に出したが予想したBODの値と異なる報告書が返ってきた。
    BODの公定法のJIS K0102では、BODの測定には硝化菌のはたらきは考慮しません。排水基準の適否が目的のBOD測定なら良いのですが、排水処理槽の管理が目的では硝化菌による分解を管理しないと正確なデータを出せません。当検査センターでは硝化菌を抑制したBODも測定します。また化学物質によっては生物分解しにくい難分解物質があります。さらにBODでは分解しないがCODでは分解するものや 逆にBODは分解できてもCODは分解しない成分があります。この場合分解菌を選ぶことで同じ排水でもBODの値が大きく変わります。当社では、お客様の排水処理で使っている植種菌を排水サンプルと一緒にいただいて、当社で培養しBODを測定することで、お客様の排水処理装置に合ったBODを測定します。
  • 浄化槽の排水のBODがいつも高く、排水基準を上回るので運転方法を見直したい。
    公定法で排水のBODを測るだけでなく、お客様から流入水と活性汚泥をいただき、硝化速度、脱窒速度、10日や20日後のBOD10,BOD20を測ることで排水処理槽の設計、改善に役立つデータが得られます。
  • 排水や薬液の配管にできたスケールや、ガススクラバーの配管内の付着物質の組成を知りたい。
    FTIRとエネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)を使ったシステムで成分の同定を行います。さらにこれにICP-発光を組み合わせると成分の濃度の定量ができます。この方法はRoHS指令の分析方法と似ています。当社ではEDXに液体窒素で冷やした半導体検出器を使うことで、RoHS指令検査の対象元素より原子量の低いものも分析できますので、半導体、液晶で使われるフッ素の同定ができます。
  • COD Crの対応
    国内ではCODというとCOD Mnですが、RoHS規制同様、海外とやり取りした方は、CODの値が異なる経験をされませんか?海外ではCODというとCOD Crが主流です。国内では分析に有害なクロム酸や水銀を使うためCOD Crを行わない検査機関が多いです。当社ではCOD Crの対応もします。
  • 超純水分析 シリカイオン
    超純水JIS法では、シリカイオンの分析は溶媒抽出法です。溶媒抽出法は手分析のため、多くの検査機関ではICP-MSで測定していますが、この方法ではイオン状シリカではなく全シリカが求まります。当検査センターではクリーンブース内でJISの溶媒抽出法を行うことでイオン状シリカを正しく求めています。また 超純水TOCも対応します
  • 難分解性物質
    半導体、液晶などの事業ではフッ素を使いガラス基板のエッチングを行います。この工程でふっ素を含む排水が出るため排水処理ではフッ素を石灰をつかい水に溶けにくいフッ化カルシウム(蛍石)にして除去します。難分解物質は分析の時も分解困難です。最近は機器分析が大変進化しましたが、前処理については多くが手分析で、熟練した検査員が減っています。当社では、白金るつぼを使ったアルカリ溶融を行い、こうした硫酸 硝酸でも溶けない難分解物やガラスの分析を行っています。またガラスエッチングで使われるフルオロケイ酸の分析も対応します。
  • TMAH分析
    多くの検査機関では、安く 早く での競争が激化していますが、当検査センターでは分析の第一は検査精度と考えています。環境分析では検査精度はより低い濃度を測ることと考えそうですが、薬液分析では定量下限を下げるより有効桁数が重要です。当検査センターでは、液晶や半導体で使われる現像液の成分のTMAHの定量を行っています。環境分析では、定量下限値は日々低濃度になっていきますが、定量値の有効桁数は意外と小さく、通常2桁。医薬品の定量でも3桁です。現像液中のTMAH濃度管理では3桁あるいは4桁の精度が自動希釈装置で要求されていますが、こうした希釈装置の校正にはそれ以上の精度が必要です。当社ではTMAHの定量を有効数字4桁の精度で対応します。
    一方、最近排水中のTMAHの規制が厳しくなっています。TMAHが毒劇物取締法の対象となり排水規制が厳しくなりましたが、新たな毒性が発表され、排水基準がさらに厳しくなることが予想され、イオン交換法や生物処理法など排水処理方法の見直しをされていると思います。当社でもそれに対応し排水中のTMAH濃度の測定を0.1ppmまで対応します。

分析項目、料金はお問い合わせください。

入会のご案内

薬薬連携事業

外国語応対のためのツール集について

聴覚障害者の応対マニュアルについて

石川県薬剤師研修センター

石川県病院薬剤師会 研修会・講演会等

吸入指導連携システム各薬剤の吸入手順

【PMDAメディナビ】患者副作用報告

医療事故情報・医療安全情報等